千代田区地域ポータルサイト

千代田day's

加藤 シヅエ ( かとう しずえ )1897〜2001 (明治30年〜平成13年)
 【婦人運動家】女性解放に100才を越える人生を捧げた。

 婦人運動家の草分け。昭和期の婦人運動家・政治家。旧姓広田。本名静枝。東京都出身。 女子学習院卒。石本恵吉男爵と結婚後、夫が技師として勤める三池炭鉱に居住。 そこで直面した多産と貧困の問題は彼女の一生のテーマともなった。 1919年(大正8)渡米して婦人運動家マーガレット・サンガーに共鳴、 帰国後「生めよ増やせよ」の時代に産児調節運動を開始し、 34年(昭和9)東京東京都品川区に産児制限相談所を開設。第二次大戦後、 46年に初の総選挙で再婚した加藤勘十(かんじゆう)とともに日本社会党から当選、 婦人代議士第一号となった。

監修: 江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進

 
©財団法人まちみらい千代田